借金返済ブログ

Home > スポンサー広告 > スポンサーサイトHome > 借金の時効の謎 > 借金の時効

--.--.-- -- スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサーリンク

2006.06.25 Sun 借金の時効

犯罪に時効があるように借金にも時効があります。

銀行や消費者金融などの業者から借りた場合は5年
友人や身内から借り入れた場合は10年
です。

時効は返済期日が決まっているものはその期日から
決まっていないものは貸したその日から数えます。

ただこの年数を過ぎればいいという訳ではありません。
時効を完全に成立させるには援用というのをしなければなりません。

*援用とはもう時効になりましたので返済はしませんという意思を内容証明郵便で債権者に通知することです。


もし債権者が裁判で請求などをしてきた場合や差押、仮差押、仮処分、債務者の債務承認があった場合は時効は中断します。

最近では電子内容証明と言ってネットを使って差し出すサービスがあります。

スポンサーリンク

Comments

name
comment
comment form

Trackback

FC2Blog User

  1. Trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。