借金返済ブログ

弁護士の選び方などそのた債務整理情報を紹介中

--.--.-- -- スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサーリンク

2007.06.12 Tue 全国苦情相談窓口一覧

金融庁がホームページに苦情相談窓口を掲載しているページを作っているのでこれも紹介しておきます。

金融庁【苦情・相談窓口】

(項目)
債務整理(借金問題)についての相談先
その他の法律相談
ヤミ金融についての通報・相談先
登録貸金業者にかかる苦情・相談先
多重債務者対策本部

このページに行けば全国の相談窓口が確認できるので、どこで相談すればいいんだろう?と悩んでいる方はチェックしてみてはいかがでしょうか?

多重債務者対策本部の改善プログラムと多重債務者対策本部有識者会議
のファイルを見るにはアクロバットリーダーが必要です。あしからず。


借金等の返済が困難となった被災者の方へ

法務省の特設サイトです、特定調停手続、 再生手続、破産手続の3つありますが、特定調停は申立手数料を免除する特例が施行されているようです。対象地区

まだ借金に悩んでいる方は相談してみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク

2007.01.24 Wed 自己破産情報は何故ばれるのか?

自己破産をすると、次々と闇金業者からのダイレクトメールが届くのはご存知でしょうか?


自己破産をされた方はご存知だと思いますが、自己破産の情報は、本籍地の市区町村役場の破産者名簿と、政府が発行する官報という国の広報誌の公告という部分に記載されます。これは、債権者に黙って債務者が自己破産して、債権者が不利益を被らないようにするためです。


市区町村役場の破産者名簿は、他人に見られることはまずありませんが、官報は国民誰でも見られるのでそれを利用して闇金業者は営業名簿を作成しているのです。

最近ではネットからも官報が閲覧できるようになってます。
*知り合いの人が破産しているかどうか調べたりするのはやめましょう。
インターネット版官報
スポンサーリンク

2007.01.24 Wed 悪徳弁護士の見分け方

「弁護士」と聞いただけで、正義の味方のような響きを持つ弁護士にも、悪徳弁護士がいます。

整理屋と呼ばれ、借金を一本化してまとめて払えば、返済しやすくなりますという金融会社と
提携を結んでいる、提携弁護士というのが居ます、着手金と報酬が高かったり、やたら派手な
広告で宣伝しているところは要注意です。そもそも弁護士は、弁護士でない者と提携することは
違法で、弁護士法27条で禁止されています。
直接面談しない弁護士などは特に注意してください

弁護士懲戒処分検索センターというサイトがあるのですが、
このサイトで懲戒になった弁護士を検索できます。

これから債務の件で弁護士に頼もうかなと思っていても信頼出来る
弁護士かどうか?判断するのは難しいですよね?
ひょっとしたら悪徳弁護士かもしれませんし。

そこで上記のサイトを利用してみてはいかがでしょうか?
懲戒されているからといって必ずしも悪徳弁護士とは
言えませんが、弁護士選びの目安にはなるのではないでしょうか?

当ブログおすすめの弁護士一覧
全国対応可能
相談料、初期費用無料
フリーダイヤルあり
365日24時間受付可能
即日取り立てストップ
女性専用ダイヤルあり

上記の様な条件に当てはまるところを
ピックアップしてご紹介しています。
スポンサーリンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。